FC2ブログ

久住山系を歩く

 久住山系を南登山口から歩いてみた。
 
  新緑に溶け込んだり・ミヤマキリシマに囲まれたりと
  ゆっくりと楽しい時間を過ごしてきた。

CIMG9145.jpg    CIMG9153.jpg    CIMG9161.jpg

CIMG9154 (2)    CIMG9175.jpg    CIMG9181.jpg

CIMG9184.jpg    CIMG9193.jpg    CIMG9189.jpg










  

環境芸術の森

森は海を育てる。 環境芸術の森へ!!

新緑の中、ゆっくりと散策して来ました。

風遊山荘で茶の飲み、風景を楽しんだ。

CIMG9111.jpg    CIMG9097.jpg    CIMG9104.jpg

CIMG9108.jpg    CIMG9110.jpg    CIMG9114.jpg




     




篠栗九大の森コース(ウォーキング)

今、話題の篠栗九大の森をウォーキングして来た。
篠栗九大の森南口駐車場 ⇒ マダケの森 ⇒ さくら広場
⇒ 水場の森 ⇒ もみじ広場 ⇒ 南口 (1周コース)

 ◆ 見どころ (落羽松・ラクウショウ)
     メタセコィアによく似た樹木で、湿潤地などで根元が水
    につかった状態で自生します。水面からは幹の周りに呼吸
    するための呼吸根が伸びてきて、その姿はどこか幻想的。
    沼地に多く見られるため、別名「沼杉(ぬますぎ)」とも呼ば
    ます。

CIMG9049.jpg CIMG9047.jpg CIMG9033.jpg

CIMG9035.jpg CIMG9043.jpg CIMG9044.jpg







 三瀬城 (山城)

神埼市の背振山地中央部にある標高560mの城山の山頂に位置する。佐賀平野を望み、山麓には博多や唐津、佐賀に通ずる要衛地だった。 享禄年間に、有事に備えて三瀬宗利により築かれた。享禄年間に神代勝利を迎えると、やがて勝利は背振山地一帯を統一した。勝利の死後、息子の神代長良は龍造寺氏降伏し、やがて鍋島氏の重臣となった。鍋島直茂は神代党の結束を避けるため慶長年間に神代家良を芦刈に転封させ、神代氏は当城を離れた。


CIMG8904.jpg    CIMG8912.jpg    CIMG8917.jpg


CIMG8921.jpg    CIMG8929.jpg    CIMG8931.jpg







 目配山 (筑紫平野を一望する気軽なハイキングコース)

目配山は「日本書紀」に記されている神功皇后が、筑紫平野を平定した折、この山に登って支配地に目を配った、との山名伝説をもつ。 「大己貴神社 ・ 神功皇后が腰掛けられた言われる石 ・ 歴史の里公園のフジ棚」
「目配山頂からの景色 ・山頂に咲くオドリコソウ」


CIMG8872.jpg    CIMG8870.jpg    CIMG8874.jpg


CIMG8857.jpg    CIMG8861.jpg    CIMG8865.jpg